太田胃散
次へ
戻る
太田胃散
○ 胃腸薬としての「太田胃散」

太田胃散はオランダ人の医師・ボードウィンが考えたイギリス処方の仕組みを応用し、肉食中心の欧米人の食文化に適応する胃腸薬として開発されたもので、日本でも戦後の高度経済成長時代に食の欧米化が進んだことから、日本人の食生活にもマッチするようになりました。
太田胃散にはケイヒ、ウイキョウ、ニクズク、チョウジ、チンピ、ゲンチアナ、ニガキ末の自然の生薬を加工せずそのまま活かして粉末状にしたものであり、これら自然の生薬の効き目をフルに生かして滋養強壮、肉体疲労、食べすぎ・飲みすぎ等の胃の不快感を改善することが出来ます。