太田胃散
次へ
戻る
太田胃散
○ 企業としての「太田胃散」

1879年6月8日、東京都日本橋で太田信義(初代)が「雪湖堂」として創業、胃腸薬「太田胃散」を発売開始。1880年8月に製薬部門を強化し拡張。1903年6月に東京日日新聞(現在の毎日新聞の前身)で新聞広告を、また1918年に鉄道沿線での看板広告掲示を開始し、戦後は1951年3月15日にラジオ広告を開始した。

1944年3月、太平洋戦争の激化に伴う企業整備令により東京都内の同業者の多くと合併し「東興製薬」となる。企業としての設立年はこの年とされている。

戦後には数多くの新製品を開発し、1966年9月にオータD錠、1970年11月に太田胃散・分包、1982年9月に太田漢方胃腸薬、1989年に太田ドリンク胃腸薬、1996年9月に太田胃散チュアブル、2002年9月に太田胃散A<錠剤>、2003年12月にはバイオゴッドゴールドおよび酒得倍増、2006年11月にはウコンと葛の花パワー・バイオゴッドカプセル、2007年3月には太田胃散整腸薬をそれぞれ新発売した。