太田胃散
次へ
戻る
太田信義
○ 太田信義と胃腸薬

明治維新の後、太田信義は明治政府に出仕し、大阪在中に持病の胃病を患いました。
医師の診断を受け、その薬を服したところ治癒したので以来この胃散を愛用しました。

信義はその医師に作り方を教えてもらい胃腸薬を製造しました。これが「太田胃散」です。
これを販売すると大好評で現在でも沢山の方々に服用されています。